リアップ AGA治療薬

リアップとAGA治療薬の併用についてモノ申す!

自分がAGA(男性型脱毛症)と認識している人の中には、
AGA治療薬とリアップの併用を検討している人がいると思います。

 

AGAの治療薬といえばプロペシアですよね。

 

 

AGA治療を行っているクリニックが最近増えてきていますが、
AGA治療でまず処方される薬がプロペシアです。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドが5αリダクターゼ酵素の働きをブロックし、
AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの発生を抑えます。
プロペシアを服用することで、男性型脱毛症の進行を抑えることができるのです。

 

プロペシアを服用しながらリアップを使用するのはアリかナシか、
疑問に思っている人もいることかと思います。

 

結論から先に行っておきますと、

 

プロペシアとリアップの併用は問題ありません。

 

プロペシアは男性ホルモンに働きかける内服薬です。
一方のリアップは頭皮の血行を促進する外用薬です。

 

同時に使用したからといって何か害があるわけでもありませんし、
併用したからといって特別な副作用があるわけでもありません。

 

AGAの治療薬であるプロペシアとリアップを併用するのはアリなのです。

 

ですが、

 

ここで一つ覚えておきたいのが、内服薬であるプロペシアを服用することのデメリットです。

 

プロペシアは男性ホルモンに働きかける内服薬です。
プロペシアには以下の副作用が報告されています。

 

  • 男性機能障害
  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 肝臓への負担

 

プロペシアには男性機能に支障をきたす副作用があり、
飲み続けることで肝臓へも負担がかかります。

 

飲み続けるのを止めれば、5αリダクターゼ酵素の働きによって
再びジヒドロテストステロンが発生し、男性型脱毛症が進行します。

 

男性型脱毛症の進行を抑えるには、プロペシアを飲み続ける必要があるです。
ですが、飲み続けると副作用があるのがプロペシアです。

 

薄毛の進行を抑えることが出来ても、男性機能に障害が起きてしまえばどうしようもありません。
薄毛を気にする男性の多くは独身男性です。
多くの男性は、異性の視線を気にして薄毛治療を行うのです。
髪が増えても男性機能に障害があっては元も子もないのです。

 

なので、

 

副作用の心配、副作用の恐れがなくジヒドロテストステロンの発生を
抑えることができればベストです。

 

と考えると、やはり使用すべきはチャップアップです。
チャップアップはプロペシアのような内服薬ではなく、頭皮に塗布する育毛剤ですが、
ジヒドロテストステロンの抑制効果があります。

 

 

※育毛剤チャップアップ

 

 

 

プロペシアに含まれるフナステリドのような化学合成された成分ではなく、
自然の生薬有効成分が5αリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンを発生を抑えてくれるのです。

 

さらにチャップアップには、優れた血行促進効果があります。
ミノキシジルこそ含まれていませんが、リアップに負けず劣らずの血行促進効果があるのです。

 

プロペシアと同様にジヒドロテストステロンの産生を抑え、
リアップと同様に頭皮の血行を促進する効果があるのがチャップアップです。

 

そして何より、副作用の恐れがないのが最大のメリットです。

 

プロペシアに含まれるフナステリドのような化学合成された成分は含まれていませんし、
医薬成分であるミノキシジルも含んでいません。

 

身体に害のない植物性由来の成分でのみ構成されているのです。

 

リスクを覚悟の上でプロペシアとリアップを併用するのであれば、
一人二役で、リスクの心配が不要チャップアップからまずは試すべきです。